関羽の祖父、石磐公関審の墓だと言われている。
「漢寿亭侯関公祖考石磐公之墓」と刻まれた石碑。新旧2つある。
関羽は墓参りのときにいつもここで顔を洗ったとされる。
基本情報
【訪問時期】2008年8月21日
【関連人物】関羽関審
【文物保護】
ちょこっと解説
 関審、字は問之。関羽の祖父とされ、解州常平村宝池里に居住していた。漢永寿二年(西暦156年)に亡くなったとされる。関羽祖塋の前には「漢寿亭侯関公祖考石磐公之墓」と刻まれた石碑が残されているが、いつ頃誰によって立てられたかはわかっていない。
探訪後記
 常平の関羽家廟から向かいの山へ登っていく。いつものことながら山登りは嫌いだ。山の上にはなにか巨大なモノが建設されようとしている。どうやらまた関羽像らしい。しばらく登って、その建設現場の裏側まで来ただろうか。道端に墓があった。これが関羽の祖父の墓らしい。まあ、それなりに墓っぽい感じだ。ここはこれからどんどんと開発されていくのだろう。そうなるとあまり興味の持てない場所になってしまうのだがなあ。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】山西省運城市
【 タグ 】関羽関審
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年12月1日 01:41
【更新日時】2017年12月2日 18:14
Loadingいいね!97