孫権が周瑜たちと建都を議しているとき、鳳凰の鳴き声を聞いたのだとか。
現在の鳳凰台は、2002年に広場として整備されたもの。
基本情報
【訪問時期】2010年8月7日
【関連人物】孫権張昭周瑜魯粛
【文物保護】
ちょこっと解説
 建安十三年(西暦208年)、孫権と劉備の連合軍は赤壁で曹操軍を撃破し、魏呉蜀の三国による鼎立が形成された。その翌年、虎頭山にて孫権は周瑜と魯粛、張昭らと建都の協議を始める。するとそのときに鳳の鳴き声が聞こえ、鳳凰台を建築した。
 その後、何度も興廃を繰り返しながら現在に至っている。現在の鳳凰台は、鳳凰広場内にて2002年9月に竣工した。
探訪後記
 週末の連休を利用して、またここまでやって来た。東莞から列車に乗って二日間で行動するには、この辺りまでが限度かもしれない。夏の湖北、特にこの辺りはメチャクチャ暑くなる。出発前からずっと心配していたのだが、着いてみたらまだ耐えられるくらい。武漢に到着後、すぐにバスに乗って鄂州へ。地図を買って市バスに乗り込む。鄂州の市バスは案内板がちゃんとしているので乗りやすかった。8路バスに乗って鳳凰広場へ到着。広場だけども人がほとんどいない。そりゃ、この炎天下の中でこんな場所に来て遊ぶヤツなんていないだろうな。鳳凰台も三国志関連の遺跡なのだが、本当に昔はこの場所にあったのかも怪しそうだ。真新しく再建された台だしな。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省鄂州市
【 タグ 】孫権張昭周瑜魯粛
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年4月15日 20:07
【更新日時】2017年4月15日 20:26
Loadingいいね!50