2005年11月の麦城遺址。
2013年3月の麦城遺址。植林されて分かりにくくなってきている。
文物碑: 1991年11月30日公布 当陽市重点文物保護単位「麦城遺址」
基本情報
【訪問時期】2005年11月2日 / 2013年3月19日
【関連人物】関羽関平
【文物保護】1991年11月30日公布 当陽市重点文物保護単位「麦城遺址」
ちょこっと解説
 漢建安二十四年(西暦219年)、曹軍の曹仁が守る樊城に侵攻した関羽は、于禁を捉え、龐徳を斬るなどの戦功をあげ、曹操を慌てさせる。しかし曹操が密かに孫権と通じて、呉軍が動き出す。孫権は呂蒙を派し、荆州南郡を奪い返す。荆州を奪われ、留守を託した麋芳や士仁は呉に降り、それを知った関羽は狼狽、さらには曹軍の徐晃の猛攻に遭い、手負いの関羽は敗走、麦城へ逃げ込む。援軍の要請を受けた上庸の孟達も曹軍に寝返り、もはや敗色濃厚となった関羽は、麦城を出て襄陽へ向かおうとするが、呉の潘璋に捉えられてしまうこととなる。
 麦城遺址、沮漳の2つの流れの間に、春秋時代の楚昭王が築いたとされる城。現在は沮水の河畔に城壁跡が僅かに残るのみ。
探訪後記
 2005年に訪れたときには、たどり着くまでかなり苦労した場所だった。あの頃は小さな村まで記された地図がほとんどなく、遺跡を探す前に村へたどり着くまでもが大変だった。人民たちが外で農作業をしている時期は、道を聞いたりできる。もし人民を見かけなかったら、諦めるしかなかっただろうな。まあ、苦労した分思い出深い場所になるのだが。そして2013年に再び訪れてみる。もちろん2度目ということもあるのだが、スマホの百度地図があるので、村の位置もほとんどわかる。でもさすがに8年という年月が経過すると、まわりの景色が記憶の中のものと違ってくる。麦城遺址も農地の中にポツンとあったという記憶なのだが、今では民家の近くの林の中。たぶん遺址を保護するために植林が進められているのだろう。樹が育ってくるとなかなか写真が撮りづらくなってくるんだよな。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省当陽市
【 タグ 】関羽関平
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年9月3日 18:08
【更新日時】2017年3月11日 21:20
Loadingいいね!107