こちらは五原郡として呂布の故里を名乗っている。呂布像があるのみ。
赤兎馬の上で方天画戟を構える呂布の姿。
この呂布像は、呂布も赤兎馬も下半身がない造りとなっている。
基本情報
【訪問時期】2018年4月29日
【関連人物】呂布
【文物保護】
ちょこっと解説
探訪後記
 包頭に続き、こちら五原の呂布故里を訪れてみる。こちらも像が1つ置かれているだけだ。五原のバスターミナルからは、約4km離れている。バスも走っているのだが、百度にはまだ登録されておらず、路線検索ができない。さすがに今となっては4kmも歩くのが億劫になってきたので、バイタクで行くことにした。
 バイタクのオヤジに「呂布の像があるだろう。遠いか。そこまで行ってくれ」というと、オヤジは「ちょっと遠いぞ。わかった行く」といって出発する。途中、下調べしておいた方向と違う方へ進んで行くのだが、何も言わなかった。そして、何やら像が見えた。オヤジは「あれが呂布の像だ」と曰う。「あれ、本当に呂布の像なのか。違うだろう」と思ったのだが、オヤジが呂布だと言い張るので、そこで降りる。そしてその像は、河神だったという。呂布像はそこから水路に沿って南の方へ行った場所にある。結局歩く羽目になってしまったよ。
関連遺址
呂布故里
呂布故里

[ 包头 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】内蒙古自治区五原県
【 タグ 】呂布
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2018年5月11日 18:15
【更新日時】2018年5月12日 07:47
Loadingいいね!20