本来の墓は川底に沈んだらしいが、近年、墓碑が立て直された。
周りには人民の墓もあり、植林もされていて場所がわかりづらい。
呂岱墓巷という地名が残されている。墓はこのすぐ側。
基本情報
【訪問時期】2017年1月1日
【関連人物】呂岱
【文物保護】
ちょこっと解説
 呂岱、字は。徐州広陵郡(現在の江蘇省如皋市林梓鎮)の人。もとは県吏だったが、孫権に見出されて出仕する。廃帝孫亮の代になると大司馬にまで登りつめている。また、長寿としても知られ数え96歳まで生きたとされる。
 呂岱は96歳で病死、亡骸は故郷である高陽蕩にて葬られたとされる。それが現在の林梓鎮にある呂岱墓である。しかし1979年文革時、川を開削するするために墓は破壊され消失してしまう。近年、ようやく墓碑が立て直された。
探訪後記
 2017年元旦、今年一発目の遺跡はここ呂岱墓であった。南通からバスに乗って林梓まで。街の仲間ではバスが入っていかないので、2kmほど歩く。朝方はまだちょっと寒かった。林梓に到着したものの、場所がいまいちよくわからない。中国ネットでは北街とか呂岱墓巷という地名が出ているのだが、百度地図で検索しても出てこない。困ったな。しばらく歩いて、聞き込みをする。するとやっと知っている人民に出会った。そこから近づくにつれて、知っている人民も多くなり、やっとのことで到達。確かに北街や呂岱墓巷の地名がある。呂岱墓の写真を撮っていると、近くの人民が「あゝ、また写真を撮っているよ」と言っている。やはりそれなりに訪れる人は多いようだ。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】江蘇省如皋市
【 タグ 】呂岱
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年1月8日 19:28
【更新日時】2017年12月10日 19:11
Loadingいいね!100