孫権の第四子である魯王孫覇は、孫和と太子の座を争い処刑される。
二宮之争の後、処刑された孫覇はここで埋葬された。
文物碑: 2014年12月23日公布 海寧市市級文物保護単位「魯王墳」
基本情報
【訪問時期】2016年12月30日
【関連人物】孫覇
【文物保護】2014年12月23日公布 海寧市市級文物保護単位「魯王墳」
ちょこっと解説
 二宮之争、呉赤烏五年(西暦242年)頃から始まり、赤烏十三年(西暦250年)に終結した、孫和と孫覇の2人が太子の座を巡る争い。呉の重臣たちを巻き込んで分裂するほどの大事となった。そして孫権は太子孫和を廃し、孫亮を新しい太子とし、孫覇は処刑された。そして孫覇はこの地で埋葬されたとされる。
探訪後記
 杭州東から海寧西まで高鉄で移動。まずは桐郷大麻鎮へ呉王廟を探しに行ったのだが、完全に確証が持てるものではなかった。とりあえず日暮れまでにはまだ時間があるので、次は海寧塩倉までバスで移動。乗り換えるバスがなかなか来なかったのでバイタクで移動。やはり日没が迫ってくると時間が気になる。まあ、なんとか魯王孫覇墳にもたどり着くことができた。立看板の文物碑、そして墳墓の上は畑にされているという、ありがちな扱いなのだが、よしとしよう。このあたりはバスでけっこういろいろな場所へ行けるのだが、本数が少ない路線もあって、バスを待つ時間が長くなってしまう傾向にあるなあ。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】浙江省海寧市
【 タグ 】孫覇
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年2月11日 21:57
【更新日時】2017年3月2日 19:38
Loadingいいね!52