漢都亭侯李典墓。
墓前面に嵌められている石碑の文字は判別できない。
墓前に立てられた、李典墓を紹介する碑。
西廬寺はもと李陵廟だった。
李典が七世祖である李陵を祭るために建立したとされる。
基本情報
【訪問時期】2005年7月2日 / 2008年5月20日
【関連人物】李典
【文物保護】
ちょこっと解説
 紫蓬山は李陵山とも呼ばれる。李典が廬州の守りに就いていた当時、李典の七世祖である李陵(前漢の名将李廣の孫)を祭るため、山上に李陵廟を建立したとされ、これが現在の西廬寺となった。山の中腹にある李典墓は衣冠墓と思われる。
探訪後記
 紫蓬山森林公園に到着。李典墓は、公園の山門にある地図にも記載されているので楽勝かなと思っていた。しかしクソ暑い中、山登りなんてしたくないよ。緩い坂道を登るくらいならいいけど、ずっと続く石段なんて本当に嫌になる。山の中の遊歩道にはところどころ標識があって、李典墓の位置を示すものもある。まぁ、それに従っていけば着くのだろう。汗だくになりながら進んでいく。しかし、いつまでたっても見つからない。おかしいな。標識の方向通りに進んで来たのに。すると今度は逆方向の標識だ。行き過ぎてしまったのか。戻って探してみるが、やっぱり見あたらない。おかしい。途中、休憩所で水を売っていた人民おっさんに聞いてみる。やっぱり標識の通りの場所を指さす。うーん、一体どこにあるんだ。もうそろそろ暑さが嫌になり、歩くのも嫌になってきた。仕方ない諦めるか。と、細い道をちょっと入ったところで発見。なんだよ、ならここにももう一枚標識を立てておいてくれればすぐにわかったのに。ちなみに李典墓は、大きな石がゴロゴロと転がっている仙人洞という場所のすぐ近くにあった。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】安徽省肥西県
【 タグ 】李典
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年9月18日 08:31
【更新日時】2017年3月5日 08:55
Loadingいいね!103