春秋楼内部。春秋を読む関羽の像。
春秋楼。曹操のもとで過ごす関羽の邸宅があった場所。
春秋楼後方にある関聖殿。
関聖殿内部。巨大な関羽像が祭られている。
関聖殿の傍らにある印楼。大きな「漢寿亭侯印」がつるされている。
甘麋二后宮。関羽に守られ曹操のもとで過ごす劉備の二夫人の居宅。
甘麋二后宮内部。劉備の二夫人の像が置かれている。
基本情報
【訪問時期】2005年11月15日 / 2008年6月6日
【関連人物】関羽
【文物保護】
ちょこっと解説
探訪後記
 春秋楼は、入場してすぐの小さな楼の方なのだが、どうしても奥の方にあるバカでかい金ピカ関羽像に目が行ってしまう。「魏の街のど真ん中にやっちまったな」という感じもするのだが。ここは関羽が曹操の元に降って、許昌で生活していた場所らしい。だから劉備の二妃を祀った場所もあるんだな。中には蝋人形、けっこう出来はよく美人に仕上げられている。だいたい歴史上の人物は美男子か美女になっちゃうんだよな。これは仕方のないことか。まあ、確かにブスな蝋人形を見ても面白くはない。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】河南省許昌市
【 タグ 】関羽
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2018年6月14日 03:51
【更新日時】2018年6月14日 03:59