小高くなった塚が残っており、見て取れる。張燕の墓とされる。
このあたりの地名である張塚は、張燕墓が由来になったと思われる。
文物碑: 1996年6月公布 周口市重点文物保護単位「東塔」
基本情報
【訪問時期】2008年6月3日
【関連人物】張燕
【文物保護】1996年6月公布 周口市重点文物保護単位「張燕墓」
ちょこっと解説
 張燕、冀州常山郡真定県(現在の河北省正定県)の人。元の姓は褚。黄巾之乱が勃発後、張燕も万人を集め呼応する。その後、博陵の張牛角が率いる黄巾軍と合流、張牛角を頭目とするが、戦で張牛角は矢に中って傷を負い、間もなく死亡。後目を任された褚は姓を張に改める。俊敏な褚は飛燕と呼ばれていた。その後、常山、趙国、中山、上党、河内などの黄巾軍をまとめ上げ、黒山軍と称し首領となる。その勢力を無視できなくなった朝廷は、張燕を平難中郎将に封ずる。董卓討伐軍に参加したり、袁紹と争ったりしているが、後に曹操に降伏、平北将軍に任ぜられた。
 後に軍を率いて戦いに向かう途中、この地で亡くなり、埋葬されたとされる。1958年に石板墓が発見され、金盤、玉蝉、剣などが出土。
探訪後記
 周口にも何かないかとネットで調べていると、張燕墓があるとわかった。山賊あがりの人物なのだが、墓が残されているのはすごい。ただネットには「交通路東段」とだけ書かれており、詳細は不明。交通路東段もけっこうな距離があり、探すのも大変かなと思っていた。周口の地図を見ていると、交通路東段に張塚という地名が書かれている。「これだ、ここに違いない」と決め込んで行く。張塚で聞き込みをするとあっさり見つかった。墓の前には文物碑も立てられているのだが、ゴミだらけ。掘っ立て小屋もあり扱いは酷い。墓の後ろの建物は教会のようだ。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】河南省周口市
【 タグ 】張燕
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2019年12月15日 21:55
【更新日時】2019年12月15日 22:04
Loadingいいね!10