阮籍の故里にある墓。墓前には「魏関内侯散騎常侍嗣宗阮君之墓」の石碑。
阮籍墓の遠景。墓自体は1986年に村人によって再建された。
文物碑: 2006年6月8日公布 河南省文物保護単位「阮籍墓」
阮家公墓の方には、古い文物碑「阮籍墓碑」も残されていた。
基本情報
【訪問時期】2008年6月16日
【関連人物】阮籍
【文物保護】2002年6月8日公布 河南省文物保護単位「阮籍墓」
ちょこっと解説
 阮籍、字は宗嗣。兗州陳留国尉氏県(現在の河南省尉氏県小陳郷大阮庄村)の人。
探訪後記
 阮籍墓と言えば南京にある方がかなり有名なのだが、故郷にあるこっちの墓の方が立派だ。元々は阮籍墓碑だけが発見されて保護されてきたのだが、近年になって墓も復元されたようだ。尉氏の街中から小陳行きのバスを探して乗り込んだ。小陳で降りるつもりだったが、バスがまだ走り続けるので降り損ねた。車掌のおばちゃんに「あんた小陳で降りるんじゃなかったの」と聞かれたので、「いや、阮庄まで行きたいんだけど」と答えると、「あぁ、ならもうちょっと乗ってなさい」と言われる。后寨という所まで来るとバスを降ろされ、「あっちの方へ歩いていくと着くわよ」と教えられた。言われるがままに歩いて行くと大阮庄に到着。村人に聞いてみると阮籍墓の位置はすぐにわかった。「おまえは考古学者か。なんで墓なんか見たいんだ」といつものように質問される。墓はけっこう立派。それにも増して墓碑が素晴らしい。帰り道、墓の手前の道を曲がってみると、文物碑があった。こっちは墓碑の文物碑だ。まだ墓が復元される前までは、墓碑がこの場所で保存されていたのだろう。
関連遺址
阮籍墓
阮籍墓

[ 南京 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】河南省尉氏県
【 タグ 】阮籍
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年12月23日 20:59
【更新日時】2017年12月23日 21:35
Loadingいいね!13