呂布が董卓の首を持って、袁術のもとへ走ったが、ここへ来て張邈のもとへ向きを変え、董卓の首を捨てたとされる。
現在は高さ5mほどの塚が残る。実際は誰の墓か、墓ではないかもわからない。
基本情報
【訪問時期】2008年6月21日
【関連人物】董卓
【文物保護】
ちょこっと解説
 董卓、字は仲穎。雍州隴西郡臨洮県(現在の甘粛省岷県)の人。漢献帝代に相国、太師として専横を極めた。その後、養子となっていた呂布によって殺害される。呂布が董卓の首を携えて袁術のもとへ走ったが、ここまで来て張邈のもとへと向きを変え、そのとき董卓の首を捨てた。その首は当地の董卓派に拾われて、この地で埋葬されたとされている。
 董卓首塚は、高さ約5m。董卓の首が葬られたとも言われているが、他の人物の墓として扱われることが多い。
探訪後記
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】河南省鞏義市
【 タグ 】董卓
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年12月17日 19:55
【更新日時】2017年12月17日 20:13
Loadingいいね!19