古隆中の入口に立つ牌坊。
躬耕田。当時、孔明が耕作していたとされる100畝ほどの畑。
古隆中内に立てられた、「草廬」の石碑。
草廬遺址。この場所に孔明の草廬があったとされる。
孔明が住んでいた草廬を再現した建物。
草廬内部。窓辺には石琴が置かれていた。
六角井。孔明がここで生活を営んでいたときに使っていた井戸とされる。
三顧堂。劉備が孔明に会おうと三度訪れたことを記念し建てられた。
三顧堂内部。地図を広げ、天下三分を語る孔明の像。
小虹橋。劉備が隆中を訪れた際、ここで孔明の舅である黄承彦と出会う。
抱膝亭。孔明がよく膝を抱え、詩を吟じていた場所とされる。
隆中書院静砺堂前に立つ、若き日の孔明像。
文物碑: 1996年11月20日公布 全国重点文物保護単位「古隆中」
基本情報
【訪問時期】2005年11月9日 / 2018年1月2日
【関連人物】諸葛亮
【文物保護】1996年11月20日公布 全国重点文物保護単位「古隆中」
ちょこっと解説
探訪後記
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省襄陽市
【 タグ 】諸葛亮
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2018年1月31日 18:15
【更新日時】2018年1月31日 18:33
Loadingいいね!13