孫夫人が劉備の帰りを待ちわびた場所とされる。
綉林山公園には孫夫人像と亭子があるのみ。
基本情報
【訪問時期】2005年11月07日
【関連人物】孫尚香
【文物保護】
ちょこっと解説
 現在の綉林山あたりは、当時劉備が孫夫人を娶った場所とされている。孫夫人は劉備とともに呉を離れたが、後に呉へ戻ると軟禁されて二度と劉備の元へ戻ることができなかった。そして白帝城で劉備が死んだことを知ると、ここで劉備を思い立ち尽くしたとされる。本来の望夫台は東岳山口にあったが、採石のために爆破された。東岳山口にあった大きな岩には段があり、その上には女性の足跡らしき窪みが2つあったとされる。
探訪後記
 2005年に初めて訪れて以来、何度か石首を訪れているのだが、綉林山公園に入られたのは一度のみ。山崩れがあって以後、ずっと公園が閉鎖されていたからだ。なかなか美しい孫夫人の像が立っているし、長江を眺められるのでなかなかいい場所なのだが。またいずれ機会があれば訪れてみたいと思っている。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省石首市
【 タグ 】孫尚香
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年9月20日 22:55
【更新日時】2017年3月11日 21:27
Loadingいいね!94