華容道は現在の曹橋村から毛市鎮までの約8km。
現在は特に何も残っていないが、監利県が立てた記念碑がある。
基本情報
【訪問時期】2005年11月5日 / 2013年3月15日 / 2017年9月17日
【関連人物】曹操
【文物保護】
ちょこっと解説
 赤壁之戦で敗れ、逃走を続ける曹操たちは、華容県(現在の監利県)内に入る。そこから華容道を通り、華容県城(現在の監利県周老嘴鎮)まで落ち延びようとした。華容道は現在の上車湾鎮曹橋村から毛市鎮までの約8kmとされる。三国演義では、現在の毛市鎮付近で曹操は関羽に行く手を阻まれて、命乞いをすることとなる。
探訪後記
 2度目に訪れたときは、関羽が曹操の行く手を阻んだとされる毛市鎮から曹橋村まで歩いてみた。途中、何かあればなと期待はしていたのだが、特にこれといったものは見つけられなかった。まあ、毛市鎮の放曹坡からは8km程度なので、歩いてもいいかなと思ったからだ。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省監利県
【 タグ 】曹操
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年5月31日 19:03
【更新日時】2017年9月19日 20:07
Loadingいいね!51