劉封が孟達とともに宜都太守を任じたときに建設したとされる。
劉封城遺址の説明書き。
基本情報
【訪問時期】2005年11月1日
【関連人物】劉封孟達
【文物保護】
ちょこっと解説
 漢建安十九年(西暦214年)頃、劉封は孟達とともに宜都(現在の湖北省宜昌市)太守を任じる。そのときに築かれたのが劉封城とされ、清代の「宜昌府誌」などにも記載がある。漢建安二十四年(西暦219年)に孟達は魏に降っているので、この場所は劉封の名だけが残ることとなったようだ。
探訪後記
 三游洞を訪れる。目的は張飛擂鼓台だったのだが、せっかく来たのでぐるっと見て回っていると、劉封城遺址の説明書きを見つけた。周辺には石垣のようなところも残っており、確かに城跡だったような感じだ。まあ、説明書きがなければまったく気づかなかったのだろうけど。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省宜昌市
【 タグ 】劉封孟達
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年9月18日 22:09
【更新日時】2017年3月11日 21:16
Loadingいいね!95