かなり小さな橋が残されている。たぶん一部分だろう。
麋夫人が阿斗を抱いて隠れたとされる場所。
基本情報
ちょこっと解説
探訪後記
位置情報
投稿情報
Loadingいいね!15