関口趙侯祠の趙雲像。笑顔が眩しい。
趙雲の両隣にも武将像があるが、誰の像であるかはわからなかった。
村から小高い山を登ったところにある。祠は小さい。
文物碑: 2014年3月25日公布 桂陽県県級文物保護単位「関口趙侯祠」
村の入口に建つ武侯亭。バス停のようだ。
基本情報
【訪問時期】2018年12月29日
【関連人物】趙雲
【文物保護】2014年3月25日公布 桂陽県県級文物保護単位「関口趙侯祠」
ちょこっと解説
探訪後記
 桂陽といえば取四郡で趙雲が攻め取った場所だ。現在の桂陽にも趙雲が掘り当てたとされる井戸があるし、その傍らには祠もあったらしいのだが、いまいち行きたい感が上がらないので放置していた。そしてしばらくネットで情報を集めていると、桂陽の山奥に趙雲の祠があるという情報を見つけた。こちらにはちゃんと趙雲像もあるようで、機会があれば訪れてみようと思っていたのだ。しかし、湖南省はそれほど遺跡も多くなく、あまり来る機会もなかったのだ。近くの耒陽は幾度となく訪れているのだが、そのときはまだ趙雲の祠のことを知らなかった。
 そしてやっと機会を作り、訪れてみることにする。地図を見てみるとちょうど桂陽と耒陽の中間点にあるようだ。どうせ山の中で交通の便も悪いだろうし、長沙が出発点だったので耒陽から車をチャーターして訪れることにした。中国人はかなりの確率で地図を読めない、運転手は知っているといいながら、誰かに聞きまくっている。今は百度地図がナビにもなるので、それを見せて進んでいく。村の近くまで来ると、「あゝ、ここか。ここなら何度も来ているからわかる」と言うからたまったものじゃない。まあ、なんとか村に到着。村人に聞くと、すぐに場所もわかった。そして趙侯祠に到着。小さな祠だが、新しく立て直された趙雲像、笑顔が眩しい。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖南省桂陽県
【 タグ 】趙雲
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2019年1月14日 20:29
【更新日時】2019年1月19日 20:05
Loadingいいね!10