当時残されていた黄忠祠の側殿だと思われる建物。
基本情報
【訪問時期】2004年1月29日
【関連人物】黄忠
【文物保護】
ちょこっと解説
 蜀漢大将。黄忠、字は漢升。南陽郡(現在の河南省南陽市)の人。謚は剛侯。建安二十五年(西暦220年)に病死。三国演義では戦死となっている。
 清道光五年(西暦1825年)に鶏矢樹(現在の黄忠村)で、四川省双流県の人、劉沅が成都西郊外で購入した耕地で、耕作人が「黄剛侯諱漢升之墓」の墓碑などを発見した。この墓碑には間違いがあり、「諱漢升」の部分は本来ならば「諱忠字漢升」と記さなければならない。このことからこの墓碑は、三国時代のものではないと思われる。しかし、劉沅は地元名士に資金を募り、黄忠墓を再建、傍らに黄忠祠を建築し、黄忠の塑像を祀った。1965年、道路整備のために黄忠墓は掘り起こされ、墓の周りの柏も切り倒された。また、その後の文革で黄忠祠も黄忠墓も徹底的に破壊された。現在は再開発で住宅街となり、何一つ残っていない。
探訪後記
 黄忠祠遺址は多くの書籍などの記載には、何一つ残っていないとなっている。しかし、黄忠村で村人に話を聞くと、知っている人は写真の建物が黄忠祠だったと言う。建物は崩壊寸前で、中はゴミだらけ。唯一、祠だったのではと思わせるのは、入口付近のひさしを支える木に彫刻がはいっていることだ。再生復活を望む。
 現在は、Google Mapsの周辺地図を見てもわかるように、地区再開発のために完全に整地されて何一つ残っていないようだ。成都は比較的に三国遺跡を再整備している方なので、黄忠祠も復活させて欲しい。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】四川省成都市
【 タグ 】黄忠
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年3月12日 21:19
【更新日時】2017年5月31日 19:48
Loadingいいね!46