劉禅が玉帯を落としたとされる井戸。
今となっては何の変哲もない井戸なのだが。
八角井の説明文。蜀后主阿斗の文字も見える。
洛帯鎮は古鎮として観光地化されている。
なぜか八角井がもう1つ造られてしまった。こちらは偽物。
基本情報
【訪問時期】2002年7月19日 / 2005年7月24日 / 2008年9月9日
【関連人物】劉禅
【文物保護】
ちょこっと解説
 洛帯は三国時代に建設が始まった古い街。言い伝えでは、蜀漢後主劉禅が八角井の周りで遊んできたときに、玉帯を落としたことから「落帯」と言う名前となり、後に「洛帯」となったとされる。劉備が幼少の劉禅と甘夫人を住まわせ、劉禅に勉学をさせた場所である。
探訪後記
 行ってみれば、なんともないただの井戸。二度目に訪れたときには、修復しているのか破壊しているのかわからない状態となっていた。せっかくなので綺麗に整備して欲しいところなのだが。洛帯は古鎮として整備しているようなので、街の名前の由来ともなった八角井も一つの見所となるはず。これで消滅したら大変なことである。
 三度目に訪れたときは、洛帯古鎮の整備も終わり、見事に倣古街のようになってしまっていた。八角井は、ちゃんと残っていたが、穴の開いた説明文の書かれた石板などはそのまま。そして別の場所に、もう一つ八角井が登場していた…。いったいどないやねん。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】四川省成都市
【 タグ 】劉禅
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年4月15日 15:48
【更新日時】2017年4月15日 16:14
Loadingいいね!49