孟獲墓とされ、墓碑には「南蛮王孟獲之墓」と刻まれている。
実際は民国代に発見された古墓で、独特な出土品から鬼主墓と呼ばれている。
基本情報
【訪問時期】2008年10月1日
【関連人物】孟獲
【文物保護】
ちょこっと解説
探訪後記
 昆明から陸良行きのバスに乗り込む。ちょうど最後の一人で、バスが満員となり出発。よかった、乗られなかったらまた延々と待たないとダメだったかもしれない。陸良に到着後、バスがターミナルに入る手前で彩色沙林行きのバスを見つけた。ネットで調べたときも5路バスで行けると書いてあったので、間違いなかったようだ。5路バスに乗って終点の彩色沙林に到着。う~ん、この手の観光地は入場料が高いんだろうな。案の定、門票売り場には100元の文字が。「マジかよ。ぼったくりもいいところだな」と思い、さすがに100元も払って入る気もさらさらなかった。しばらく様子を見ていると、門票は50元らしいではないか。特に他の記載はないのに、なぜなんだ。50元でもかなり高いと思うのだが、せっかくなので入ることにした。中は…。かなりショボイ。孟獲故里としても売り出しているようで、孟獲王府があったり、蜀軍大営があったり。どれもこれも中途半端な。目的は孟獲墓なので、道を聞きながら進んでいく。かなり山を登った奥にあるらしい。道はだいたい整備されているものの、勾配がきついところも多く、登るのもかなり大変だった。やっとのことで到着。古びた民家の横に孟獲墓があった。造りはなかなかいい感じ。でも本物かどうかの議論はおいておこう。その奥には夜塁千堆という場所があり、伝説では孔明が作らせた孔明の偽墓だとか。いろんなものがありますな。さて、山を下りる。途中、盤蛇谷と言われる場所へ出る。孔明の南蛮行に出てきた場所だ。でもここが本当にその場所なのか定かではない。そこから下へ階段が伸びていたので、こっから下山できるのかなと思い下っていく。しかし、はまった。一番下まで下りると湖畔でボート乗り場になっているだけ。しかもボートなんて来そうにもなく寂れている。ゲロゲロ。なんとか湖畔をたどって戻れないかと思ったが、無理だった。また、山登りかよ…。死んだ。と、散々な日だったな。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】雲南省陸良県
【 タグ 】孟獲
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2018年8月25日 18:31
【更新日時】2018年8月25日 18:42
Loadingいいね!11