村の裏山に残されている龐徳の衣冠墓。
民国三年(西暦1915年)の墓碑を複製したものが立てられている。
基本情報
【訪問時期】2010年10月2日 / 2016年3月26日
【関連人物】龐徳
【文物保護】
ちょこっと解説
 龐徳、字は令明。雍州南安郡貆道県(現在の甘粛省武山県四門鎮新庄村)の人。若き日は郡吏などに従事。漢初平年間には馬騰に従って羌、氐などの外族を鎮圧、校尉となる。後の漢建安十七年(西暦212年)には、曹操が渭南において馬超を撃破、龐徳は馬超に付き従い漢陽へ逃れ、冀城を守るようになる。漢建安十九年(西暦214年)には、馬超が張魯に投降、龐徳も共に漢中へ。漢建安二十年(西暦215年)、曹操が漢中を平定すると龐徳は投降。龐徳の武勇を聞いた曹操は龐徳を迎え、義将軍関門亭侯に封ずる。漢建安二十四年(西暦219年)、樊城において関羽と戦う。関羽軍の猛攻撃と大雨による洪水の中、小舟に乗って抵抗を続け退却を試みるが、小舟が転覆し捕虜となる。龐徳は曹操への忠義を貫き、降服を拒否、関羽によって斬首となった。龐徳の忠義は高く評価され、後に曹丕から壮侯と謚されている。
 龐徳墓、龐徳の死後、故郷の家人が衣冠塚をもって龐徳を祀ったのが始まりとされる。村東側の小高い山の中腹にある衣冠塚。墓前には、民国三年新庄村立「三国名将龐徳墓」の碑がある。この碑はコンクリートで複製されたもの。元の碑は文革時代に破壊されたので残っていない。
探訪後記
 龐徳墓、ネット情報では村の裏山にあるとのこと。龐徳故里の碑を見た後、村の奥へ入っていく。聞き込みはやはり人民おっさんにするのがセオリーだ。しばらく歩くと牛飼いの人民おっさんに遭遇。「龐徳墓ってどこにあるの、裏山にあるらしいけど。」と聞いてみる。でもこの人民おっさん、知らなかった。目の前には人民おばちゃんが二人ほど。でも人民おばちゃんに聞いてもいい結果が得られることは少ない。他の人民オヤジを探してみるか。と、人民おばちゃんが何やら言っているぞ。「あの人、龐徳墓を探しているんだよ。」って聞こえてきた。なんだよおばちゃん、もしかして知っているのかい。遺跡探しのためなら藁にもすがりたい。人民おばちゃんに聞いてみると「裏山にあるわよ。そっちの方から登って行きなさい。」と行き方を教えてくれたではないか。この村では人民おばちゃんの方が物知りなのか。さっそく行ってみる。裏山にあるといってもそんなに登らなくてもよかった。草むらの中に小さな石碑があるのだが、すぐに見つかった。う~ん、それでもやっぱり見つけると嬉しいもんだな。
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】甘粛省武山県
【 タグ 】龐徳
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年2月12日 19:10
【更新日時】2017年12月24日 16:27
Loadingいいね!76