廖化が駐留していたと言われている。約100m四方の城堡もしくは狼煙台の跡。
廖化堡の東壁に開いた門の跡。当時の鉄戟や五銖銭なども出土している。
廖化堡の壁にも煉瓦を積んだ跡が見てとれる。
下から見上げた廖化堡。北側は絶壁。
基本情報
【訪問時期】2018年5月1日
【関連人物】廖化
【文物保護】
ちょこっと解説
 廖化堡は、蜀将廖化が築き駐留したとされる城堡。約100m四方の城壁跡が残り、東の城壁には門の跡もある。高台にあり、南北側は崖となっている。以前には鉄戟や砥石、五銖銭などが出土している。実際には、廖化がこの地にたどり着いたかは定かではない。また狼煙台であった可能性もある。
探訪後記
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】甘粛省臨洮県
【 タグ 】廖化
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2018年5月17日 19:56
【更新日時】2018年5月19日 17:59