関羽家廟の山門前。「関王故里」の文字が見える。
崇寧殿前。道士さんが歩いていた。
「浩然正気」の扁額。
正殿の崇寧殿。もちろん関羽が祭られている。
聖祖殿。関羽の始祖とされる関龍逢が祭られている。
基本情報
【訪問時期】2001年4月28日 / 2008年8月21日
【関連人物】関羽
【文物保護】2006年5月25日公布 全国重点文物保護単位「常平関帝廟」
ちょこっと解説
探訪後記
 2001年に訪れたときには、火車站前のバス停の看板に常平と書かれていて、バスで行けるのだろうと待っていたが、バスは来なかった。タクのオヤジが話しかけてきて「バスはもうない。常平まで50元でどうだ」などと言う。当時はまだバスを探し回るだけの技術がなかったので、すぐにヘタレてタクシーに乗り込んだ。2008年になるともう余裕。バスは運中(運城中学)という場所から出ていることがわかる。もう市バスを乗り継ぐなんて簡単簡単。そして常平に着くと、山の上で何か造っている。聞いてみると巨大な関羽像なのだとか。さすがバブリー中国様だよ。
関連遺址
解州関帝廟
解州関帝廟

[ 运城 ]
土山関帝廟
土山関帝廟

[ 邳州 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】山西省運城市
【 タグ 】関羽
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年11月27日 01:44
【更新日時】2017年12月2日 18:11
Loadingいいね!83