墓道から続く関陵の大門。
清道光十年の「忠義神武霊佑仁勇威顯関聖大帝漢前将軍漢寿亭侯墓道」の石碑。
関羽の胴塚。明万暦の「漢寿亭侯墓」の石碑がある。
やはりある関羽、関平、周倉の像。
基本情報
【訪問時期】2005年11月2日
【関連人物】関羽
【文物保護】2006年5月25日公布 全国重点文物保護単位「関陵」
ちょこっと解説
 「頭枕洛陽、身困当陽」と言われているように、関羽は殺害されたのち、その首は曹操の元へ送られ、胴体は当陽にて葬られたとされる。漢代末期にはすでに墓が造成されており、後の歴代王朝によって修復拡張が行われている。現在の建物は明代の建築様式を残す。ただし本当に関羽の胴塚であるかはわかっていないが、三国時代の古葬墓であることは確かなようだ。
探訪後記
 洛陽の首塚、当陽の胴塚。三国志が好きなら、やはり関羽が関連する場所は訪れておくころになるだろう。歴代王朝も好き者が多くて、関羽に対しては他のどんな人物よりも大事にしてきているようだ。現在に至っては財神とされているので、拝金主義の絶好の信仰対象になっている。まあ、そんなことはどうでもいいのだが、やはり関羽の墓とされるだけあって、他の墓よりは立派だよな。
関連遺址
関帝塚
関帝塚

[ 洛阳 ]
関林
関林

[ 洛阳 ]

Loading map...

Loading

位置情報
【所在地】湖北省当陽市玉泉街道関陵路
【行き方】当陽市内長坂東路で市バス4路に乗り、関陵廟で下車。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省当陽市
【 タグ 】関羽
【公開範囲】在野 校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年9月18日 20:43
【更新日時】2018年3月4日 22:34
Loadingいいね!91