烏林鎮にある呉王廟。
左側から魯粛、孫権、周瑜の像が並ぶ。
壁には呉王古廟の解説が掛けられていた。
基本情報
【訪問時期】2008年10月14日 / 2017年9月17日
【関連人物】孫権
【文物保護】
ちょこっと解説
 水軍大将である呂蒙が老湾(現在の呂蒙口)、陸遜が陸渓(現在の陸渓鎮)を守備していた。そして2人が沙洲(現在の呉王廟村)に駐営し、烏林の曹軍を監視していた。そのため、ときに孫権は営里を訪れて監督したとされる。そして後に、当地の民が孫権を記念して呉王廟を建立したとされている。元代に毀損してしまったが、明洪武年間に再建されている。近年に至っては、文革で破壊されたが、2001年に再建された。廟内部には孫権、周瑜、魯粛の像が並ぶ。
探訪後記
 たどり着いてみれば特にどうってことのない小さな廟だった。しかし中にはちゃんと孫権の像も祭られている。その両脇には周瑜と魯粛だ。しかし孫権像の後ろに置かれている像はいったい。なんだか不気味だよな。しかし、ちゃんと廟が再建されているということはいいことだと思うよ。
関連遺址
上沙呉大帝廟
上沙呉大帝廟

[ 杭州 ]
大羅湖呉王廟
大羅湖呉王廟

[ 赤壁 ]
界石呉主廟
界石呉主廟

[ 嘉鱼 ]
嵩山呉王廟
嵩山呉王廟

[ 浏阳 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖北省洪湖市
【 タグ 】孫権
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年5月13日 21:54
【更新日時】2017年9月19日 20:06
Loadingいいね!48