諸葛亮が水源を探し掘らせたとされる井戸だが。
こちらの井戸は近年造られたもので、実際の位置からは離れている。
本来の諸葛井は、魏家巷の近くにあったとされる。
基本情報
【訪問時期】2015年5月5日
【関連人物】諸葛亮
【文物保護】
ちょこっと解説
 益陽には2つの諸葛井があったとされる。孔明が益陽に滞在していたとき、水不足に苦しむ民のために水脈を探して井戸を掘らせたとされる。2つのうち1つは益陽古城の内賢街にあったとされるが、工場建設で消滅。もう1つは魏家巷の劉氏宗祠内にあった。魏家巷にあった諸葛井は残っているが、糞池となっていたために埋められてしまった。現在、古道街にある諸葛井は近年新しく設置されたもの。
探訪後記
 古道街の諸葛井、こちらはなんなく到達したが本物ではないのだとか。本物は益陽古城の方にある魏家巷あたりにあったのだとか。中国ネットではその跡地が紹介されていたので、いちおう探してみる。魏家巷に諸葛井巷があるような感じなのだが、見つけられなかった。まあ、見つかったとしても井戸の体をなしていない。だからモチベーションが上がらなかったのですぐに諦めてしまったのだが。まあ、新しい方がそれらしく造られたので、よしとしておこう。
関連遺址
諸葛井
諸葛井

[ 成都 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】湖南省益陽市
【 タグ 】諸葛亮
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年8月15日 18:01
【更新日時】2018年5月29日 21:11
Loadingいいね!93