酒蔵「天宝坊」内に造られた、曹操を祭る曹公祠。
ここでは曹操が酒の神様として祭られている。
曹操像の近景。
曹操が考案したとされる「九醞酒法」のレリーフ。
献帝に酒を献ずる曹操のレリーフ。
古井鎮へ向かう途中にある巨大な曹操像。
こちらも酒坏を掲げる曹操の像。
基本情報
【訪問時期】2015年9月24日 / 2015年12月31日
【関連人物】曹操
【文物保護】
ちょこっと解説
 曹公祠、2011年5月に古井集団の天宝坊にて落成した。当時、曹操が九醞酒法を考案したことを記念し、酒の神様として祭られている。
探訪後記
 ネットで写真を見かけて、調べまくってやっと在り処がわかった。天宝坊は白酒で有名な古井貢酒集団の酒蔵だ。ネットの写真では「曹操祠」となっていたのだが、実際に訪れてみると「曹公祠」と変わっていた。何か問題でもあるのか。酒蔵に入ると酒の匂いが充満している。曹公祠の脇でも酒が醸造されているからだ。しかし、この白酒と曹操が考案したとされる酒は違うものなんだけどね。それでも酒神となった曹操もいいかもしれない。
関連遺址
魏武祠
魏武祠

[ 亳州 ]
曹操廟
曹操廟

[ 汉川 ]
烏林曹公祠
烏林曹公祠

[ 洪湖 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】安徽省亳州市
【 タグ 】曹操
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年8月27日 18:54
【更新日時】2018年6月24日 07:08
Loadingいいね!69