湘橋華佗廟前面。
湘橋華佗廟の扁額と提灯。
湘橋華佗廟内部。
湘橋華佗廟の華佗像。
湘橋華佗廟の屋根上。
基本情報
【訪問時期】2015年5月7日
【関連人物】華佗
【文物保護】
ちょこっと解説
 湘橋華佗廟、または仙祖庵とよばれ、福建省で唯一の華佗廟である。「仙方妙著」の扁額は、清嘉慶二十二年(西暦1817年)厦門水師提督王得禄によるもの。言い伝えでは、王得禄は幼いころに母を亡くし、伯母によって育てられた。厦門に赴任したときには、伯母も携えて来たが、その伯母が病に倒れる。王得禄は名医を訪ね歩いたが、伯母の病は治らなかった。その後、湘橋の華元仙祖の薬はよく効くと聞きつけ、華元仙祖のもとを訪れる。その薬はよく効き、伯母は瞬く間に快方したとされる。そして仙祖庵は、華佗仙祖庵として参られるようになる。文革によって破壊されたが、2010年になって村の黄氏によって修復再建された。
探訪後記
 福建省に華佗廟があるのは、ちょっと不思議が感じがする。名医として扱われる華佗が、後代の名医に代わって祭られたようだ。華佗廟内には「忠孝廉節」と大きく書かれており、なんだか違う廟のような感じもする。肝心の華佗像もなんだか違う人物のような感じだ。まあ、地元の人達が華佗廟として大事にしているのだから、それはそれでいいか。それにしても豪華絢爛な廟だな。
関連遺址
華庄華佗祠
華庄華佗祠

[ 亳州 ]
華祖庵
華祖庵

[ 亳州 ]
大環華佗廟
大環華佗廟

[ 中山 ]
戸県華佗廟
戸県華佗廟

[ 西安 ]
鳳山華佗廟
鳳山華佗廟

[ 秦安 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】福建省漳州市
【 タグ 】華佗
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年7月7日 02:30
【更新日時】2018年5月24日 19:38
Loadingいいね!106