臥龍崗の南陽武侯祠の入口。
「漢昭烈皇帝三顧処」と刻まれた牌坊。
南陽武侯祠の山門。
漢碑亭、漢代の「張景造土牛碑」などが納められている。
草廬。孔明の草廬だったとか。
水鏡一門が集まっている像。
「漢武侯躬耕処」の石碑。
関張殿。「目無魏呉」の扁額が特徴的。
関張殿内。関羽と張飛の像が祭られている。
武侯祠大殿の前面。
大殿内の孔明像。
諸葛亮の子、諸葛瞻の像。
諸葛亮の孫、諸葛尚の像。
諸葛孔明の像。
基本情報
【訪問時期】2005年11月11日
【関連人物】諸葛亮
【文物保護】1996年11月20日公布 全国重点文物保護単位「南陽武侯祠」
ちょこっと解説
 南陽武侯祠は、諸葛亮が五丈原で没した後に、黄権が一族を率いて南陽を訪れ、諸葛庵を築いて孔明を祭ったことが最初だと言われている。宋紹興八年(西暦1138年)には、岳飛がここで涙を流しながら孔明の前後出師表を書している。元代以降、幾度も拡張が行われ、清代には現在の規模と同じものとなった。
探訪後記
 南陽と襄陽、どちらに孔明の草廬があったのかでずっと揉めている。ただ見た感じでは、やはり南陽武侯祠の場所に草廬があったとは思えないなあ。とりあえず武侯祠としての規模は申し分なく、見ごたえはある。今後、また機会があればもう一度訪れてみたい場所だ。
関連遺址
新陽諸葛武侯祠
新陽諸葛武侯祠

[ 云霄 ]
黄陵廟武侯祠
黄陵廟武侯祠

[ 宜昌 ]
隆中武侯祠
隆中武侯祠

[ 襄阳 ]
沔城諸葛武侯祠
沔城諸葛武侯祠

[ 仙桃 ]
石鼓書院武侯祠
石鼓書院武侯祠

[ 衡阳 ]
翠屏武侯祠
翠屏武侯祠

[ 阳朔 ]
白帝城武侯祠
白帝城武侯祠

[ 奉节 ]
成都武侯祠
成都武侯祠

[ 成都 ]
清渓武侯祠
清渓武侯祠

[ 汉源 ]
保山武侯祠
保山武侯祠

[ 保山 ]
諸葛山武侯祠
諸葛山武侯祠

[ 宝鸡 ]
五泉山武侯祠
五泉山武侯祠

[ 兰州 ]
木門道武侯祠
木門道武侯祠

[ 天水 ]
祁山武侯祠
祁山武侯祠

[ 礼县 ]

Loading map...

Loading

位置情報
【所在地】河南省南陽市臥龍区臥龍路
【行き方】南陽火車站から市バスK3路に乗り、車站路臥龍路口北で下車。臥龍路を西へ約600m。
投稿情報
【カテゴリ】河南省南陽市
【 タグ 】諸葛亮
【公開範囲】在野 校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2016年10月13日 19:49
【更新日時】2018年6月2日 19:21
Loadingいいね!102