大殿内部。もちろん並ぶのは劉備、関羽、張飛の像である。
劉備像。田舎の廟にしては、よい出来である。
劉備像向かって右側は関羽像。
劉備像向かって右側は張飛像。
桃園三義廟の来歴が書かれている。中央に填められた石碑は清乾隆年間のもの。
大殿はそれほど大きくない。現在はおじいさん独りで管理しているようだ。
文革によって破壊されたが、近年再建されている。釣魚台とも呼ばれていたらしい。
基本情報
【訪問時期】2019年5月2日
【関連人物】張飛劉備関羽
【文物保護】
ちょこっと解説
 桃園三義廟、創建時期は不明。清乾隆年間の修復記の刻まれた石碑が残されている。近年は、建物が村にあった製鉄工場に貸し出され、その後の文化革命などもあり、荒廃している。2012年頃から再建が始まり、竣工。大殿内部には劉関張の像も祭られている。
探訪後記
 ここはかなり苦戦した。ネットではちゃんと写真付きで紹介されているのだが、桃園村を探しても出てこない。盂県の地図と睨めっこ、桃園路や大桃園があるからこの近くなんだろうなと目星をつけた。
 とりあえず盂県に着いて、タクシーのオバチャンに聞いてみるが、知らない。運転手が何人か集まってきたが知らない。桃園村はいったいどこにあるんだ。せっかくここまで来たので、目星をつけていた場所へ行ってみることにした。そして桃園路に入ったところで聞き込み開始。でも知っている人民がいない。清掃のオバチャンがかろうじて「あゝ、あの辺りに廟があったわよ」と言うだけ。でも手がかりはこれしかない。言われた方向へ行ってみることにした。しばらく歩くと、前方にそれらしき建物が見えてきた。そして到着、間違いなくここだ。門が閉まっている。どうにか中に入られないかと思案していると、近くの人民オヤジが「側門から入っていけ」と教えてくれた。大殿内部を見ていると、誰かが来た。ここを管理しているおじいさんだ。とても優しい人で、湯を飲んでいけと出してくれた。
関連遺址
楼桑廟三義宮
楼桑廟三義宮

[ 涿州 ]
義東溝三義廟
義東溝三義廟

[ 阳泉 ]
太陽三義廟
太陽三義廟

[ 稷山 ]
西位三義廟
西位三義廟

[ 稷山 ]
丁村三義廟
丁村三義廟

[ 襄汾 ]
北馬駒三義廟
北馬駒三義廟

[ 洪洞 ]
泉郡三義廟
泉郡三義廟

[ 泉州 ]
成都三義廟
成都三義廟

[ 成都 ]
祖庵三義廟
祖庵三義廟

[ 西安 ]
党家村三義廟
党家村三義廟

[ 宝鸡 ]
蔡庄三義廟
蔡庄三義廟

[ 大荔 ]
柏台院三義殿
柏台院三義殿

[ 古浪 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】山西省盂県
【 タグ 】張飛劉備関羽
【公開範囲】都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2019年5月21日 19:38
【更新日時】2019年8月25日 19:40
Loadingいいね!50