春節前後の三義廟は、催し物が多く賑やか。
廟内にはもちろん劉備、関羽、張飛の像が並ぶ。
真ん中は劉玄徳の像。
右は関雲長の像。
左は張翼徳の像。
基本情報
【訪問時期】2001年8月8日 / 2003年10月27日 / 2004年1月14日
2008年9月16日 / 2011年2月8日 / 2014年8月15日
【関連人物】劉備関羽張飛
【文物保護】
ちょこっと解説
 清康熙元年(西暦1662年)に桃園結義の故事から、劉備、関羽と張飛を記念して廟を建立、当初は三義祠と称された。その後、大火事で消失しているが、清乾隆年間に再建され、以後長年にわたり修復が繰り返されている。もとは提督街にあったが都市拡張のあおりを受け、1997年に成都武侯祠後方の曹営壩へ移転、2000年から正式開放されている。現在は劉備、関羽、張飛の像も復元され、拜殿内にて祀られている。
探訪後記
 最初に訪れた時には、武侯祠の奥にまた劉備たちの像があり「なんだよ、また劉備の像があるよ。もうお腹いっぱいだって」と思っていた。その後、書籍などからこの三義廟は、もともと独立した別の廟だったことを知る。それがわかるとやはりありがたいものなのだ。現在、祀られている劉備、関羽、張飛の像はかなりできがいいと思う。しかし、劉備だけがなんだか口ひげが鼻から八の字に飛び出ているようで笑ってしまう。
関連遺址
三義宮
三義宮

[ 涿州 ]
三義廟
三義廟

[ 稷山 ]
三義廟
三義廟

[ 西安 ]
三義廟
三義廟

[ 宝鸡 ]
三義廟
三義廟

[ 大荔 ]
三義殿
三義殿

[ 古浪 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】四川省成都市
【 タグ 】劉備関羽張飛
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2017年4月9日 19:35
【更新日時】2018年9月30日 18:29
Loadingいいね!54