祖庵鎮にある三義廟。劉関張が珍しく囲むように配置されている。
中心はもちろん劉備の像。
向かって右は関羽の像。
向かって左は張飛の像。
廟敷地内に立てられた「重建三義廟記」の石碑。
廟の大門。2012年から再建が始まり、2017年に竣工している。
基本情報
【訪問時期】2017年5月4日
【関連人物】劉備関羽張飛
【文物保護】
ちょこっと解説
 祖庵三義廟、明嘉靖年間に村の李復聘と徐臬によって創建されたとされる。清同治二年(西暦1862年)に戦火によって消失。清光緒七年(西暦1881年)から再建され、光緒十年に竣工、内部には劉関張の神像が祭られていた。その後、文革時に破壊されたが、2012年にまた再建が始まり、2017年に完成。
探訪後記
 流浪さんが西安に行っていたときに見つけてきた三義廟。その当時は、まだ再建中で廟内には何もなかったそうだ。2017年に訪れてみると、中には劉備、関羽、張飛の塑像が祭られていた。ちょうど完成してから間もない時期に訪れることができたようだ。塑像もまだ新しく、田舎にある廟にしてはなかなかの出来。こうやって消失した廟などが再建されるのは嬉しいことだ。
関連遺址
三義宮
三義宮

[ 涿州 ]
三義廟
三義廟

[ 稷山 ]
三義廟
三義廟

[ 成都 ]
三義廟
三義廟

[ 宝鸡 ]
三義廟
三義廟

[ 大荔 ]
三義殿
三義殿

[ 古浪 ]
位置情報
在野の士であるあなたはこの位置情報を閲覧できません。仕官申請しますか。
投稿情報
【カテゴリ】陝西省西安市
【 タグ 】劉備関羽張飛
【公開範囲】校尉 都督 大将軍 丞相
【掲載日時】2018年2月18日 07:55
【更新日時】2018年9月30日 18:29
Loadingいいね!23